マニフレックスを使用する時の注意点

マニフレックスは、品質の高いマットレスです。長く愛用するためには、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

 

定期的にマットレスに風を通す

マニフレックスのマットレスは、通気性・吸湿性・放湿性が優れているという特徴があります。中でも、吸湿性が優れていることから、寝てる間にかく汗を吸い込んでしまい、マットレスの底の方の湿気が原因となって、カビが生えてしまうことがあります。

 

このような事態を避けるためにも、マットレスの通気性を良くする必要があります。日光に当てる必要はなく、2週間に1度、風通しの良い場所にマットレスを立てて、マットレスに風を通すと良いでしょう。こまめに風を通すことで、通気性がさらに高くなります。

 

マットレスは床に直接敷いて使用しない

マットレスを使用する際には、床に直接敷いて使用するのは、おすすめできません。マニフレックスのマットレスは、通気性・吸湿性・放湿性が高いという特徴を持っていますが、床に直に敷くことによって、床とマットレスが密着している部分に湿気が溜まりやすくなります。

 

湿気でカビを発生させないためにも、ベッドなどと一緒に使用すると良いでしょう。

 

ベッドで使用する場合でも、マットレスにこまめに風を通して、通気性を高めるようにすると、より快適に使用することができます。

 

マットレスの上に布団などを敷いて使用しない

マットレスは、マットレスの上にシーツなどを敷いて、そのまま使用することができます。

 

通常のマットレスのように、上に布団などを敷いて使用すると、マニフレックスのマットレスが持っている、身体を支えて快適な睡眠をサポートする働きを発揮することができません。

 

マットレスはそのまま使用することをおすすめします。清潔に使用するためにも、使用するシーツは、こまめに取り替えるようにすると良いでしょう。

 

マットレスを使用する時には枕も使用する

マニフレックスのマットレスの特徴の一つである身体を支える働きがあることから、中には、マットレスを使用する際に、枕が必要なのかどうか、迷われる方がいらっしゃるかもしれせん。

 

しかし、枕は、頭と首を支える大切なものであるため、マニフレックスのマットレスを使用する時でも、枕をきちんと使用するようにしましょう。