良い寝具を選ぶ時のポイント

寝具を選ぶ時、値段の安さやデザインだけで選ぶ方がいらっしゃいます。人間は、毎日、睡眠を取ることによって、疲れを癒し、身体のコンデションを整えています。

 

快適な睡眠を支える役割を果たしているのが寝具ですが、質の高い睡眠を取るためには、どのような寝具を選ぶと良いのでしょうか。

 

身体に負担が掛からない寝具を選ぶ

朝、起きた時に、首や肩や腰などが痛くて目が覚めた。という経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。これは、寝具の性質によって、寝てる間に、身体が無理な体勢になっているからかもしれません。

 

身体全体を支えている敷布団やマットなどは、柔らか過ぎても、固過ぎても、身体に負担が掛かってしまう場合があります。綿のみでできている敷布団などは、柔らかいので、身体が沈みこんでしまい、身体が不自然な体勢になってしまいます。

 

さらに、腰の部分を支えることができないため、身体の中で最も腰に負担が掛かる傾向があります。これとは逆に、固いマットなどを使用すると、身体はマットに沈み込まないかもしれませんが、人間の身体はお尻の部分が突起しているため、マットの反発性により腰に大きな負担が掛かってしまうこともあります。

 

寝具は、下に敷くものであれば、身体の体勢を快適なものに整えて、身体を支える力を持ちながらも、適度に身体を沈みこませるようなものが理想的かもしれません。

 

保温性・通気性・吸湿性・放湿性が良い寝具を選ぶ

寝てる間、体が快適な温度を保つことができていない場合、睡眠が浅くなることがあります。夏は、寝てる間に、かなりの量の汗をかくと言われています。

 

寝てる間に、身体と寝具の間の温度や湿度がこもった状態になると、必然的に睡眠が浅くなるので注意が必要です。夏用に選ぶ寝具なら、通気性・吸湿性・放湿性が良いものを選ぶと良いでしょう。

 

このような性質の寝具を選ぶことで、身体が寝具にあたっている部分がムレにくくなります。寝てる間は、身体を動かしている時に比べて、身体の温度が下がります。特に、冬は室内の温度も低くなるため、寝具は保温性の高いものを選ぶ必要があります。

 

身体が冷えた状態で眠ると、睡眠の質が悪くなるのはもちろんですが、風邪をひいてしまうこともあるので注意が必要です。掛け布団などは、保温性が高くても重いものを選んでしまうと、この重さも身体を圧迫してしまうことがあるため、できるだけ軽量で保温性のあるものを選ぶようにすると良いでしょう。