健康と睡眠の関係

睡眠の質は健康を大きく左右する大切なものです。

 

睡眠不足が続くと、身体に関する様々なトラブルを誘発する場合があります。質の良い睡眠をとるには、どのようにしたら良いのでしょうか。

 

就寝前に身体に取り入れるものに気をつける

睡眠は、身体を休めることによって身体の機能を回復させるためのものです。より質の高い睡眠を取るには、就寝前に身体に取り入れるものに気を配ると良いでしょう。

 

一般的に、カフェインが含まれているものを飲むと、目が覚めて頭がすっきりとすると言われていますが、このようなものを就寝前に飲むと目が冴えてしまい、眠れなくなってしまうことがあります。質の良い睡眠をとるためには、就寝前に、カフェインを含むものは避けた方が良いかもしれません。そのほか、就寝前にアルコールを飲んで眠る方もいらっしゃるようですが、アルコールは寝付きは良くなるものの、睡眠の質は悪くなってしまうことがあるので注意が必要です。

 

食事なども就寝時間の2時間前くらいに済ませるように心掛けると、消化機能に負担をかけることなく、身体を十分に休めることができます。

 

就寝時間の直前はゆっくりと過ごす

深夜までインターネットを楽しむ方が多くいらっしゃいます。

 

現代は、パソコンに限らずスマートフォンでインターネットを楽しむことができるため、つい就寝直前まで、夢中になってしまう場合もあるようです。

 

しかし、パソコンやスマートフォンの画面のように、画面から光を発するものは脳に刺激を与えてしまうため、目が冴えてしまったり、その後で就寝したとしても、睡眠の質が悪くなることがあります。できるだけ、就寝の1時間前くらいには、それらの機器を扱うのはやめて、ゆっくりとした時間を過ごしてから就寝すると良いでしょう。

 

マニフレックスで安眠できる環境を整える

安眠できる環境を整えることは、質の高い睡眠を取るために最も大切なことです。部屋の照明などはもちろんのこと、マニフレックスのようなより良い寝具を選ぶ事で質の高い睡眠をとることができるのはもちろんのこと、快適な睡眠が健康をサポートしてくれる場合があります。

 

寝具によっては、身体に負担がかかってしまい、頭痛や腰痛などの原因となることもあります。質の悪い睡眠をとり続けることによって健康を左右してしまうこともあるので、寝具は快適に眠ることができるかどうかをポイントに、慎重に選ぶ必要があるでしょう。