腰痛の原因と腰痛対策

腰痛をそのまま放っておくと、腰にまつわる様々な症状を誘発してしまう場合があります。腰は身体を支える大切な部分でもあるため、できるだけ毎日の中で、負担を与えないようにしたいものです。腰痛の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

姿勢が悪い

身体の姿勢が悪いと、腰が不自然な状態で身体を支えているため、腰に負担が掛かります。特に猫背の方は、前傾姿勢になりやすいため、ますます腰に負担が掛かることになります。

 

腰痛が気になる場合には、まず、身体の姿勢を意識的に良くするように心掛けると良いでしょう。長年の姿勢の癖による骨格の歪みが原因となって、腰痛が誘発されたものであれば、専門のクリニックで治療を行うことによって、腰痛が改善する場合があります。

 

長時間椅子に座っていることが多い

仕事などを通して、1日中椅子に座って、パソコンに向かっている方が少なくありません。同じ姿勢でいることで、腰の筋肉に負担が掛かるだけではなく、血行が悪くなってしまいます。

 

このようなことが原因となって、腰痛になる場合があります。

 

腰への負担は気づかないうちに、蓄積されていることがあります。大きなトラブルに発展する前に、毎日の中に軽い運動を取り入れたり、湯船に浸かって血行を促すなど、できるだけ、その日の腰の疲れは、その日の内にケアをすることが大切です。

 

重い荷物を持つことが多い

仕事によっては、無理な姿勢で重い荷物を運ぶことが多い方もいらっしゃるかもしれません。腰は骨と筋肉で支えられているため、ある程度の負担には耐えられるようには出来ています。

 

しかし、筋肉疲労という言葉があるように、腰を支えている筋肉に、気づかないうちに疲労が蓄積されている場合、腰痛になってしまうことがあります。酷い場合には、ぎっくり腰になってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

日頃から、筋力を鍛えることや、ストレッチなどをすることで、腰をサポートすることができますが、重い荷物などを持つ際には、腰のみで支えて持ち上げるのではなく、体勢を工夫するなどして、腰のみに負担が掛からないようにすると良いでしょう。

 

身体に負担が掛かる寝具を使用している

毎日の中で、仕事だけではなく、長時間、同じ体勢でいる時があります。

 

それは、寝ている時です。寝ている時は、たとえ身体が無理な体勢になっていたとしても、そのままの姿勢でいることが多いため、特に注意が必要です。

 

起きている時には、腰に負担が掛かっている場合に意識することもできますが、寝ている時には、意識することすらできません。

 

できるだけ身体に負担が掛からないような寝具を選ぶことで、腰をはじめとする、身体の様々な箇所の負担を減らし、快適な体勢を保ちながら眠ることができます。